検定証印や基準適合証印のついた正確なはかりも、使用しているうちに誤差が生じる場合があります。

そこで、商店や病院などで取引や証明に使用されているはかりは、2年に1度、法定の定期検査を受けることが義務付けられています。

この定期検査は、主に都道府県、特定市等が行いますが、国家資格を持った計量士も行っています。

検査に合格したはかりには合格した年月と次回検査年が表示された「定期検査済合格ステッカー」が貼られます。このステッカーが貼られていない、はかりや「次回検査年」に達しているのに定期検査を受けていないはかりは、取引や証明に使用できません。

☆簡単なはかりや量目のチェックポイント!

・「はかり」に定期検査済合格ステッカーが貼ってあるか。

・「はかり」の表示部や指針かゼロを示しているか。

・袋、トレイ、わさびなどの風袋を差し引いて計っているか。

買い物の後、再計量して確認してみましょう。

上記マークの「」は平成12年を表し、「1O」は10月に検査を実施し、次回の検査を平成14年10月までに受けなくてはならないことを表しています。

| 前に戻る | 次に進む | 目次へ戻る |
ページTOPへ



























           
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
   
 
 
           
       
  一般社団法人 日本計量振興協会
〒162-0837 東京都新宿区納戸町25-1