平成29年度(第9回)計測器校正技術者研修講座プログラム
のご案内

 最近の経済社会の著しい変化及びグローバル化の流れの中、世界的な経済活動の進展により、国際的に信頼性の高い測定や試験が不可欠となり、計量のトレーサビリティ制度の重要性が益々認識されています。その結果、計測器校正技術者の確保は必須の課題になっています。ただし、これまで計測器校正技術者の養成はそれぞれの事業者や計量分野に委ねられ、限られた範囲で教育研修が行われており、普遍的で体系的な研修制度の構築が望まれております。
 このような背景を踏まえ、平成21年度(社)日本計量振興協会校正事業者部会では、計測器校正技術者の育成のため研修内容を検討し、講習会テキストを完成し新たな研修講座を開催しました。本講習会では、計測器の校正技術者としての必須の基礎知識・技術の講義及び演習を2 日間で集中的に行います。
 また、2日間の全てのプログラムを終了された方には「修了証」を、更に、理解度テストに合格された方には、後ほど、当会の「認定証」を発行します。
 本講習会は、計測器の校正技術者として必須な基本的な知識、技術を一通り習得することにより、今後の企業内のより専門的な校正業務に生かしていくための教育・訓練プログラムですので、是非ともご参加いただきますようご案内申し上げます。
日時及び会場
  大阪会場
日 程 平成29 年9月7日(木)、9月8日(金)
時 間 9:30~17:00(12:10~13:00 昼休み)
会 場 ハートンホテル南船場
大阪市中央区南船場2-12-22/TEL.06-6251-2111
定 員 24名
締切日 8月31日(木)
 
テーマ及び講師(予定)
月日 時 間 テ  ー  マ
講 師


9:30~9:50 計量法とトレーサビリティ制度の概要 (株)島津製作所 田中 博之氏
9:50~10:45 計量管理、検査、校正の概要 (株)島津製作所 田中 博之氏
10:50~12:10 JCSSとトレーサビリティ (独)製品評価技術基盤機構 土屋 年史氏
13:00~15:05 ISO/IEC17025 (独)製品評価技術基盤機構 洞口 崇氏
15:15~17:00 不確かさ(講義1・基礎演習) 日本電気計器検定所 中村 毅洋氏


9:30~12:10 不確かさ(講義2・基礎演習) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 
田中 秀幸氏
13:00~16:20 不確かさ(演習) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 
田中 秀幸氏
16:30~17:00 理解度テスト 事務局
(12:10~13:00 昼休み)
※上記内容につきましては、都合により変更となる場合がありますことを予めご了承下さい。
※当日は関数電卓をご用意下さい。
 
参 加 費:
  会 員  受講料 30,000円+消費税
  一 般  受講料 40,000円+消費税
※参加料は、テキスト・資料代を含んだ金額です。
申込方法:
にご記入の上、FAX等にてお申込みください。(E-mailも可)
 
【申込先及び振込口座】
シャ)ニホンケイリョウシンコウキョウカイ
〒162-0837 東京都新宿区納戸町25-1
TEL:03-3269-3259  FAX:03-3268-2553
[受講料のお支払いは下記口座をご利用下さい。]
取引銀行 りそな銀行 神楽坂支店 普通 1359914
三菱東京UFJ銀行 神楽坂支店 普通 0057045
郵便振替 00110-3-3519
【会場案内】
【交通のご案内】
地下鉄御堂筋線 心斎橋駅
A階段、北改札2番出口、地下街クリスタ長堀
(北5号出口)より徒歩1分。
※尚、北5号出口はPM23:30-AM5:00閉鎖。


講習会のページ
 
ページTOPへ


























           
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
   
 
 
           
       
  一般社団法人 日本計量振興協会
〒162-0837 東京都新宿区納戸町25-1