JCSSは、計量法トレーサビリティ制度を表す英語(Japan Calibration Service System)の略称で、登録事業者だけが使用できるロゴマークです。
登録事業者が発行するJCSSロゴマーク付きの校正証明書は、国家標準とのつながり(トレーサビリティ)を証明するものです。(下図は、当会の力標準トレーサビリティ体系)
JCSS標章やJCSS認定シンボル付き校正証明書は、そのマークによって日本の国家計量標準へのトレーサビリティが確保され、校正事業者の技術能力のあることが一目でわかるというメリットがあります。JCSS校正証明書付の標準器は、国際又は国家計量標準にトレーサブルであることが確認されています。ISO9000sの審査における測定機器の「校正又は検証」や試験所認定等のトレーサビリティの要求事項をクリアすることができます。
(一社)日本計量振興協会

  当会は、認定基準としてISO/IEC 17025を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。  当試験・校正センターは、国際MRA対応JCSS認定事業者です。
 
  1 質量(分銅・おもり)
 
分銅は、OIML F1クラス相当からM3クラス相当まで5区分、1mgから20kgまで。
おもりは、M2クラス相当で1mgから21kg未満まで校正ができます。
 
計量器の区分及び種類 校正範囲
最高測定能力
(k=2)
分銅等 分銅
1
  mg
2
  mg
5
  mg
10
  mg
20
  mg
50
  mg
100
  mg
200
  mg
500
  mg
1
  g
2
  g
5
  g
10
  g
20
  g
50
  g
100
  g
200
  g
500
  g
1
  kg
2
  kg
5
  kg
10
  kg
20
  kg
0.004   mg
0.005   mg
0.006   mg
0.008   mg
0.009   mg
0.012   mg
0.016   mg
0.019   mg
0.026   mg
0.032   mg
0.04   mg
0.05   mg
0.06   mg
0.08   mg
0.09   mg
0.1   mg
0.3   mg
0.5   mg
0.9   mg
2.6   mg
8   mg
12   mg
29   mg
おもり
1mg 以上
  100mg 未満
100mg 以上
  2g 未満
2g 以上
  100g 未満
100g 以上
  1kg 未満
1kg 以上
  5kg 未満
5kg 以上
  10kg 未満
10kg 以上
  20kg 未満
20kg 以上
  21kg 未満
0.095   mg
0.30   mg
0.76   mg
3.4   mg
15   mg
60   mg
140   mg
140   mg
  ※ニュートン分銅は、「おもり」として校正ができます。
 
  2 力
   2-1 力計
 
日本計量振興協会は、圧縮力50N以上3MNまで、引張力50 N以上50 kN以下の校正ができます。
 
計量器の区分及び種類 校正範囲
最高測定能力
(k=2)
力計 JIS B 7728
による方法
圧縮力:
50N以上
  1kN 以下
50N以上
  2kN 以下
200N以上
  3kN 以下
200N以上
  5kN 以下
1kN以上
  50kN 以下
2kN以上
  50kN 以下
10kN以上
  100kN 以下
10kN以上
  300kN 以下
50kN以上
  600kN 以下
50kN以上
  3MN 以下
     
0.022
 
0.038
 
0.028
 
0.035
 
0.036
 
0.032
 
0.018
 
0.033
 
0.044
 
0.057
 
引張力:
50N以上
  500N 以下
50N以上
  2kN 以下
200N以上
  5kN 以下
400N以上
  5kN 以下
1kN以上
  50kN 以下
     
0.022
 
0.030
 
0.046
 
0.033
 
0.044
 
 
   2-2 一軸試験機
 
日本計量振興協会が保有する「トランスファ標準器」は、圧縮力50 N 以上5 MN まで、引張力は0.5 N から 300 kNまでの校正ができます。
 
計量器の区分及び種類 校正範囲
最高測定能力
(k=2)
一軸
試験機
JIS B 7721
による方法
圧縮力:
50N以上
  5kN 以下
     
0.23
 
引張力:
0.5N以上
  300kN 以下
     
0.18
 
 
  3 温度
 
日本計量振興協会は、-50 ℃ から350 ℃ までの校正ができます。
 
計量器の区分及び種類 校正範囲
最高測定能力
(k=2)
接触式
温度計
ガラス製
温度計
    0℃  
-50℃以上
  0℃ 未満
0℃超 
  100℃ 以下
100℃超 
  150℃ 以下
150℃超 
  200℃ 以下
200℃超 
  250℃ 以下
250℃超 
  300℃ 以下
300℃超 
  350℃ 以下
0.03
 
0.11
 
0.06
 
0.07
 
0.08
 
0.09
 
0.17
 
0.18
 
1 質量(分銅・おもり)
 
消費税別
 
区 分 校正の内容・範囲、精度等
基本
校正料(円)
備 考
分銅 F1クラス相当
1mg以上
1g以下
1g超え
100g以下
100g超え
1kg以下
1kg超え
20kg以下
7,500
10,000
10,000
20,000
F1、F2クラス相当を除き、同一質量2個以上の場合、2個目以降50%減額する。
F2クラス相当
以下
1mg以上
1g以下
1g超え
100g以下
100g超え
1kg以下
1kg超え
20kg以下
5,000
5,500
7,300
11,000
M1クラス相当
以下
1mg以上
1g以下
1g超え
100g以下
100g超え
1kg以下
1kg超え
20kg以下
3,100
3,100
3,300
5,300
 
おもり M2クラス相当
以下
1mg以上
1g未満
1g以上
100g未満
100g以上
1kg未満
1kg以上
20kg未満
20kg以上
21kg未満
3,500
3,500
3,500
5,500
5,500
 
 
  2 力
 
消費税別
 
区 分 校正の内容・範囲、精度等
基本
校正料(円)

備 考

力計
環状ばね型力計
ロードセル型力計
荷重変換器 

2kN以下
  圧縮・引張
5kN以下
  圧縮・引張
50kN以下
  圧縮・引張
100kN以下
  圧縮
300kN以下
  圧縮
1MN以下
  圧縮
3MN以下
  圧縮
33,000
35,000
40,000
50,000
55,000
85,000
100,000
校正箇所8箇所まで1箇所増すごとに10%加算。
重量50kg 以上の力計については、検査補助員または補助員費を別途申し受けます。
特殊検査費用はその都度 定めます。
容積型力計
(ボックス)
1MN以下
  圧縮
3MN以下
  圧縮
95,000
110,000
 
  3 温度計
 
消費税別
 
区 分 校正の内容・範囲、精度等 基本
校正料(円)
備 考
ガラス製温度計
(全没式・浸没線付)
-50 ℃以上
0.1
0.2
0.5
1.2
23,500
19,600
16,300
12,000
校正箇所6箇所まで1箇所増すごとに20%加算。
(0 ℃を含めて6箇所)
0 ℃ ~ 50 ℃
0.1
0.2
0.5
1.2
18,500
15,400
11,200
9,100
0 ℃ ~ 200 ℃
0.1
0.2
0.5
1.2
20,500
17,100
13,200
10,800
0 ℃ ~ 350 ℃
0.1
0.2
0.5
1.2
26,000
21,700
17,300
12,700
JCSS外の校正料金
 ガラス製温度計:   4,100 ~ 16,700円 消費税別
 電気式指示温度計: 14,600 ~ 23,600円
 消費税別

日本計量振興協会 試験・校正センターは、日本計量士会からの長年にわたる校正技術のもと、お客様に信頼されるJCSS校正サービスをご提供していきます。今後、他の事業区分についても認定取得をめざし、皆さまのご要望にお応えして参ります。
ページTOPへ



























           
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
   
 
 
           
       
  一般社団法人 日本計量振興協会
〒162-0837 東京都新宿区納戸町25-1